リサイクルインクを上手に使うためのポイント

リサイクルインクを使っていつものと同じように印刷ができたら財布にもやさしいので便利になります。純正品と違って価格がわりと安価で費用対効果が良いです。製造会社次第で違ってきますが、純正インクと印刷のクオリティが同じくらいでもあります。オリジナルのカートリッジのため、純正品よりもインクをたくさん入れた余裕を持って使えるものもあるのです。使われて捨てられたものをよみがえらせて形にしているので、地球の環境にとっては良いでしょう。純正のインクと比べて残量表示されないという欠点もありますが、工夫次第で普通に使えます。純正ではないといろいろ不具合が出てくるのではないかという声もありますが、それらはただのうわさであって実際にはそんなに変りなく使えるでしょう。

メーカーの事情を考慮して使い方を考える

純正品じゃないから、問題が生じた時にタダで修理してもらえることはないです。リサイクルインクをつくる時にかかる費用は新品カードリッジをつくるよりも費用がかかるので、価格は互換インクよりは高いといえます。印刷のクオリティが劣るということがあるため、純正メーカーがリサイクルインクをつくって販売することをためらっているのは、つくる時にかかる費用に問題があるからとされています。使い終わったカードリッジを回収してリサイクルできるものを選んで、洗ってきれいにするという家庭が生じてくるため、製造するのはかなり労力を要するものとなるからです。製造会社にもいろいろ事情があってできない部分もあるのでしょうが、リサイクルが進んでいくことは地球にとってもいいし、企業にとっても良くなるのでメリットがたくさんあります。

残量表示がされないことがあるが問題なく使える方法がある

リサイクルインクの製品では残量表示されないものがあるのです。ICチップやプリンターが悪い場合があります。プリンター製造会社が何度でもインクを使用できてしまえないように、使い果たしてインクを再度充填してもプリンターの方でインクがないとしてしまうICチップが取り付けたためです。インクの残量がわからないとICチップをリセットするツールで残量をゼロに設定し直すこともできますが、残量表示機能をOFFにしてしまうことで変わらずに使用できます。製造会社によっても異なりますが、プリンターが故障しやすくなってしまったり、頻繁に詰まったりすることはありません。安心して使い続けられるのでどんどん印刷しても故障したりして手間をかけることはないのです。安くて済むので節約志向の方にとっては本当に助けになります。