リサイクルインクのメリットを紹介します

リサイクルインクとは再生インクともいわれ、純正インクの使用済みカートリッジを洗浄して、その中にあらたにインクを補充し、再び使用できるように再生利用したインクのことをいいます。流れとしては、使用した使用済みカートッリジを、お店等に設置している専用回収ボックスに入れます。回収されたカートリッジは再生工場へ運ばれ、その中から選別されます。そして使用できるカートリッジを洗浄し、奇麗にしたカートリッジにインクを補充。補充した後は包装されてからお店へ。そしてリサイクルカートリッジとして販売されるのです。地球環境のためにも、使用済みカートリッジは必ずサイクルボックスに入れてもらえれば再生使用できますので、地球に優しいリサイクルのインクの誕生になります。

リサイクルインクと他のインクの違いは何か

プリンターインクの中には純正インクと、リサイクルリンク、互換インクがあります。詰め替えインクは使用したカートリッジにインクを詰め替えて、使用するタイプのものです。互換インクとリサイクルのインクの最大の違いは、新品か再利用品かということです。リサイクルインクは純正品を再利用して作るものに対して、互換インクは純正品に近づけて作られた商品です。純正インクはメーカーブランドの安心感があり、トラブル時にでもメーカー保証期間内なら、無償修理対応が可能ですが、単価が高いのでコストパフォーマンスが悪いので気軽に印刷できないというデメリットがあります。互換インクは単価が安いのでコストパフォーマンスには優れているのですが、インクカートリッジによっては品質に差がでてくるということです。

リサイクルインクのメリットは何か

リサイクルトナーの最大のメリットは、純正品に比べて圧倒的に値段が安いということです。販売価格は純正品の定価より10分の1以下の物もあります。価格が安いことで品質が気になる方もいらっしゃると思いますが、純正インクとリサイクルのインクで印刷した物を比べてみても違いがわからないのが実情です。コストパフォーマンスが良いので気軽に印刷することもできます。またメリットの一つとして環境に優しいのも大きなメリットです。一般的には使用済みのインクカートリッジを焼却するとco2が多く排出されるといわれていますので、一人でも多くの方がリサイクルのインクを使用した方が、環境問題の改善に協力できます。コストも下げながら地球にも、環境にもとても優しいのがリサイクルなのです。