リサイクルインクで気をつけたいことや注意点などを紹介します

リサイクルインクは純正品と比較をして圧倒的な安さが魅力ですが、注意しなければならない点もいくつかあるので覚えておきましょう。一番気をつけておきたいところが保証に関する問題であり、プリンターというのは純正品以外のインクを使用した場合保証が切れてしまうので、何か不具合が生じた時には保証期間内であっても有償修理になってしまったり、場合によっては修理自体を拒否されてしまうことがあります。保証の問題だけでなく品質面でも純正品に劣ってしまうという欠点があるので、高品質の印刷結果を求めるものの場合には、必ずしも満足できる印刷結果が得られるとは限らないため、このような注意点があるということを理解した上で使用をすることが大切です。注意点を守っていれば、大幅なコスト減になるのは大きな魅力となります。

メーカーの保証が切れてしまうリスクがある

リサイクルインクを使用する時に一番気をつけなければならないのが、保証が切れてしまうというリスクがあるということです。メーカーは純正品以外のインクの使用を推奨していないので、純正品以外のインクを使用した時点で保証が打ち切られます。インクが原因の故障であるなしに関係なく保証が切れてしまうので、購入したばかりのプリンターが故障をしてしまったりするとインク代の削減効果以上の損失が出てしまうことがあるので注意しなければなりません。すでに保証が切れているという場合にはメーカーのサポートが受けられなくなるという影響は小さなものとなるので、使い潰すつもりで使用をするのであればインク代が抑えられるメリットを最大限に活かすことができます。リサイクルインクを使う場合、保証に関する部分は必ず理解しておくようにしましょう。

純正品と比較をして品質が劣る傾向にある

リサイクルインクの欠点として、純正品よりも品質が劣る傾向にあるというものがあります。品質に対するこだわりというのは人それぞれ異なりますから、影響の度合いも人それぞれ異なってくることになりますが、通常文章主体の印刷をする場合にはそれほど気にするものではありません。しかし、高精細の写真などを印刷するという場合には純正品との差がはっきりと出てしまうということもあるので、品質が劣る傾向にあるということは理解をしておく必要があります。基本的には余程品質を重視しない限りは、見比べてわかるというレベルですから気にしすぎる必要はありませんが、品質を求められるものを印刷することが多いのであれば注意をしておきましょう。品質を気にしないのであれば、コスト削減のメリットは大きなものとなります。