まずはリサイクルインクとはどんなインクなのかを説明します

プリンターで印刷をする際、インクがなくなれば交換をしないと新たな印刷をする事はできません。そんな時に、最近はお店でリサイクルインクを見かけてこれは何だろうと思うこともあるのではないでしょうか。文字通り、リサイクルされているインクとなり、純正品を使いきった後に回収された容器の中に別のインクを補充しているものとなります。その為、価格も安価に設定されている事が多く、利用する側としてはリーズナブルでとても助かるわけです。品質も向上していますし、プリントした後の品質を見比べても、一般人の目ではほぼ分かりにくいのでそん色ないレベルと思って差し支えありません。何より、再利用をしている事で環境にも優しいインクと言えますので、環境にも配慮したい方にも良いでしょう。

純正インクや互換インクもあります

純正インクはプリンタメーカーがそのプリンターのために作っているもので、出来上がった時の印刷品質も一番良いです。メーカーの保証も付いているので、安心して利用が出来るのも特徴です。ただし、価格としては高くなるのがネックと言えるでしょう。互換インクは何となくリサイクルインクと同じように見えますが、互換インクは純正に限りなく近づけている新品インクなので、リサイクルとはまた違っているものとなります。価格は純正よりも安くなっているので、状況に応じて使い分けるというのも賢い方法です。リサイクルのタイプは残量表示ができないことも多いため、場合によっては残量表示機能を切って使うこともあります。それぞれのインクで特徴は違うので、プリントしたいものに応じて揃えておくのもおすすめです。

どのような流れで作られているのか

リサイクルインクはどのような流れで作られているのかも、確認してみましょう。純正インクを使いきった後、家電量販店などにある回収箱に容器を入れます。それが回収されて中を綺麗に洗浄してから、別途インクを中に詰めます。それを包装してまた販売店に並ぶという流れです。容器部分が回収されているので、そのまま捨てていたという方はお店に行くときに一緒に回収箱に入れてしまいましょう。これまで純正インクだけを使っていた方にとっては、高いインクがかなり安く提供されているので驚くことでしょう。普段の何気ない印刷物を作るだけであれば、純正インクを節約してリサイクルの方を使うやり方もできます。上手く使い分けて、普段のインク代をぐっと押さえるようにしてみるとより家庭でのプリントが楽になります。

当社ではFAXでもご注文を承っております。専用用紙を印刷し、必要事項をもれなくご記入下さい。 当サイトは、環境に優しいリサイクルや新品のインク、トナーを販売しております。 当社のリサイクルトナーは、厳しいすべてのテストに合格した製品のみを取り扱っております。 リサイクルトナーを取り扱っている当社の他社との違いは、幅広い品揃えと実際に印刷テスト行った商品のみを納品する所です。 リサイクルインクならインクスポット